お子さんが育てにくいと感じたことはないですか?

2014年12月17日

挨拶などの日常生活習慣がなかなか身につかない。少しの間でもじっとしていられない。他の子どもたちとうまく関われない。このようなことでお子さんが育てにくいと感じたことはないでしょうか?

もしかするとそれは「発達障害」かもしれません。

「発達障害」の主な原因は「脳の機能障害」です。コミュニケーションがうまくとれない「自閉症」、聞く・書く・読む・計算するなどの学習能力の取得が困難になる「学習障害」、集中できない・じっとしていられない「注意欠陥・多動性障害」を総称して「発達障害」と言います。

これらの障害は、周囲の理解や協力があれば問題なく乗り切ることができます。しかし、なかには「しつけが悪い」「できない子」と誤解されてしまうことも少なくありません。

検診や幼稚園、保育所などでこのような障害に気付くこともあります。

お子さんの発達で少しでも気になることや育てにくさを感じたら、身近な相談機関に早めに相談してみるといいかもしれません。

育てにくさなどを感じながら1人で抱え込み、我慢したり、不安な気持ちをそのままにしていると、親さんたちは大きなストレスを感じてしまいます。

子育てについての支援は早いほど効果があります。

早く支援を始めれば、その分支援が必要となる期間も短くなる場合もあります。また、親さんたちにかかる負担も早く軽減することもできます。

放課後等デイサービスはそんな障害をもつ児童やその親さんたちの手助けになってくれます。

一度、放課後等デイサービスを検討してみてはいかがでしょうか?

見学や体験もできる施設も多くあるようです。

いくつか見学や・体験をしてみてお子さんに合った施設を探すことで、お子さんも毎日楽しく過ごすことができると思います。

岐阜・本巣・瑞穂でおすすめの放課後等デイサービス ひまわり

http://himawari.link/

電気治療も安心。岐阜市の接骨院!

2014年5月26日
2~3日前に腰を痛めてしまいました、。車から降りようと後部座席から荷物を取ろうと手を伸ばしたときに腰がグキッとなってしまいました。初めてこんなに腰が痛くなったので、岐阜市に住む友人に相談しどこかいい治療院はないかきいてみました。その友人からよく通っているという接骨院を紹介してもらいました。電気治療やマッサージ?などいろいろやってくれるというのです。僕は今まで電気治療など受けたことがないので不安でした。「痛くないかな?」とか「急にしびれたりしないかな?」とか不安でいっぱいでした。ですが、腰の痛みには勝てず、接骨院へ行ってきました。接骨院の先生に電気は初めてだと伝えると快く電気治療について教えてくれました。その接骨院では「低周波治療器」と呼ばれる機械を使っているそうです。体に微弱な電流を流すことで筋肉を伸び縮みさせて、血行を促進させ、新陳代謝を促し、痛みや筋肉の緊張を和らげるように作用するそうです。微弱な電流を流すため、実際に治療を受けてみるとビリビリとした感覚はありましたが、先生がゆっくりを声をかけながら電流の強さを調節してくれたため、心配していたような痛みはありませんでした。むしろ気持ちいいくらいでした。体に悪い影響を与えることはないそうですが、体の状態によって使えないこともあるそうです。ペースメーカーなどの体内埋め込み型の電子機器を付けている人・心臓に障害のある人・妊婦さん・高熱のある人は使用できないそうです。また、強い電流がよいというわけでもないようで、あまり強すぎる電流はかえって筋肉を痛めてしまい、症状を悪化させてしまうこともあるようです。僕はまだ慣れていないので、もっと強くして下さいとは言えませんが、ちょうど僕の隣で治療を受けていた中年くらいの男性は、なかなか「これくらいでいいです。」と言ってなかったです。先生が「今日はこれくらいの強さにしときましょう」と言っていたくらいです。人によって電気の感じか方も違うんだと初めて知りました。初めて電気治療を受けましたが、最初の怖い印象はなく、今ではちょっと好きになりそうです。また痛みが治るまで通わせてもらおうと思います。
http://www.bo-ne.com/

訪問介護を学び、必要性を感じています。

2014年5月1日

訪問介護とは介護保険で訪問して介護することをいいます。ホームヘルパーとは講習とかセミナーを受験して受講終了後に与えられる認定資格です。娘に需要が多くいろんな会社さんがホームヘルパー2級の研修やセミナーを開催しています。

ホームヘルパーは厚生労働省が認定した会社さんや講習事業者がセミナーや講習を開いてその事業者さんから終了証を渡されることによって資格を取ることができます。ですからその業者さんや患者さんの影響が受けやすいとも言われています。同県によっては所得者主義資格所得者のためにそのもの研修や復習のようなテストが行われる場合があるようです。研修時間としてはホームヘルプサービスに従事するために必要な研修を130時間受ける必要があります。

講義の内容は福祉サービスの基本的なこと社会福祉制度のサービスヘルパーの関する基礎知識サービス利用者の介護に関することや援助の仕方や相談の援助とかその際計画の方法また、実技面では、利用者との基本的な共感的な態度の仕方とか介護技術を学んだり来春計画の作成とか報告や記録の気質を学んでいきます。セミナーや研修会というでの活動や実習なんかもあったりします。

実際に訪問ヘルパーの投稿して訪問したり在宅サービスの提供現場の見学や介護の実習をおこないます。実際私も訪問介護の現場見たことがあるんですがその場所その場所また現場によっていろんなことが違っています。学校や研修で学んだことも当然にして自分としては使えることが多いんですが、臨機応変にその場で考えて対応していく柔軟な対処方法も必要な仕事だなぁと感じています。

私も初めて行った介護現場のことを覚えています私は最初は買い物代行をしました。利用者さんが言ったものをメモして何を買いに行く日ってことをそのヘルパーさんと一緒に読み上げてしっかりと描きにしていきます。この時にも自分の判断でこれがこの方がいいのかな風に判断するのではなく、お肉を買ってくるっていうことでもお肉のサイズまできちんと聞く必要があります。例えばひき肉を買ってきてと言われてもその大きさのサイズがまたそれで何を作って欲しいもしか何を作るのかなんてことも聞いておく必要があったりします。お米の種類のどこのお米なのかてことも聞いたりそのサイズも聞いてみたりします。

間違ったものを買ってきてしまって少し注意されてしまったこともありました。きちんと確認をして仕事をするということの大切さはこのヘルパーの仕事でも感じました。

また、この仕事の難しさは相手とのコミュニケーションの能力だったりします。利用者によって非常に話がしたい人から話をしたくない人がいたりするからです。

話をしたい人だと、こちらが何も口を挟みないくらいずっと話をしていたりします。

多くの場合30分とか1時間という単位が決まっているのでそれまでの時間に作業をおわらせたり介護記録を書いていく必要があったりします。

それなのにずっと話を続けられているので話を聞き過ぎていて、全然作業してくれないと怒られるのこともありました。

また時間が過ぎてしまって次の訪問に遅れてしまうなんてこともありました。

そんな失敗をたくさんしてきてだんだん介護というものがわかってきたり、喜んでもらうことでこの仕事のやりがいを感じるような気がしています。

岐阜の訪問介護のヘルパーが推薦する訪問マッサージひまわり

http://www.hoken28.com/

ターゲット

2014年3月6日
マッサージもさまざまですよね。治療を目的とするマッサージは国家資格が必要です。そうじゃない、アロマやフェイシャルなどマッサージセラピストとあるのは民間のマッサージスクールで勉強されて民間資格で大丈夫です。だから国家資格を持つマッサージとそうでない民間資格のマッサージとは、集客方法も変わってくると思います。治療として行っているマッサージと、癒しや美容でのマッサージとではお客様層も変わるし、ちゃんと施術内容をお客様に明確に伝えないといけないと思います。このお店は痛みやコリに悩まれている方を改善するのか、癒しをあたえるストレス解消目的なのか、分かりやすくするとターゲットがしぼれて良いと思います。

ターゲット

2014年2月4日
マッサージもさまざまですよね。治療を目的とするマッサージは国家資格が必要です。そうじゃない、アロマやフェイシャルなどマッサージセラピストとあるのは民間のマッサージスクールで勉強されて民間資格で大丈夫です。だから国家資格を持つマッサージとそうでない民間資格のマッサージとは、集客方法も変わってくると思います。治療として行っているマッサージと、癒しや美容でのマッサージとではお客様層も変わるし、ちゃんと施術内容をお客様に明確に伝えないといけないと思います。このお店は痛みやコリに悩まれている方を改善するのか、癒しをあたえるストレス解消目的なのか、分かりやすくするとターゲットがしぼれて良いと思います。

立地条件とは

2014年1月16日
下呂市のマッサージ治療院で1時間3000円のコースのみだけでやっているお店があります。そのマッサージ治療院はマッサージ師の資格を取得してすぐ実家である下呂でマッサージ治療院をオープンさせたそうです。そしてもう15年も一人でマッサージをされています。下呂という温泉街で立地条件も良くもちろん集客もいいそうですよ。やはり立地条件が良いというのは、集客において重要なポイントになるということがわかりますね。立地条件はその職業でも変わってくるんでしょうね。温泉街にはマッサージ治療院が良いという。また繁華街や駅前でも集客率も高いので立地条件は良いと思います。また広い駐車場が確保できる郊外にでも集客率も高い可能性もありますよね。またターゲットによって立地条件のポイントも様々だと思います。

経営者としての想い

2013年10月8日

マッサージの技術には自信があるのだけれど…なのになぜか全然患者様が来てくれないというお店は少なくないと思います。経営となると技術面が良いだけではダメだということがわかりますよね。経営者は技術面があるかなしかは基本的に関係ないと思います。いかに利益を上げるお店作りをすることが出きるかが一番に重要になってくると思います。すなわちマーケティング能力です。数あるたくさんあるマッサージ店の競争に勝つ能力が必要になります!とにかく開業時の計画がしっかりとされていることが大事だとおもいますよ!施術所の広さとその広さに見合う患者様の数と患者様に応じたスタッフの人数などと、常に経営者として考えなければいけないのです。治療家としての想いだけでは経営は成り立っていけないのです。

ぎっくり腰

2013年7月20日

この間自分が、初めてぎっくり腰になり、原因を探っていました。結構要因がありましたが、そね中でも特に自分に関係ある要因がありました。「車に乗ることが多い」低いシートに長時間座る状態で腰に振動が加わると腰の筋肉が疲労します。その後、急に体をひねった状態で立ち上げるのは、ぎっくり腰の危険因子になります。特にわたしは姿勢が悪いので余計に負担がかかったみたいです。腰痛はタクシー乗務員の職業病とも言われています。コルセットを付けて運転される人多いみたいですね。「重い荷物を中腰で持ち上げる機会が多い」慢性的に腰へ無理がかかっているため、ぎっくり腰とは常に隣り合わせの状態。また背骨などを支える筋肉の低下も避けなければならず、運動不足でもあるということ。後は足の冷え。運転中でも待機中でも 暖かい靴下や膝掛けをして、きちんと対策すれば良かったのですよね。原因がわかると気をつけて生活出来るので、教えてもらうと有り難いです。

すべての人が満足を得ることはない

2013年6月10日

『顧客満足』よく聞きます。すべて方に満足してもらいたい。と言う願望はありますが、なかなかすべて方には満足は難しいです。人には個性があります。10人が10人同じ人間ではありません。好き嫌いも違えば、取り巻く環境も違います。波長も違いますから、よかれと思ってした事が煩わしく思われたり、または感謝されたりと受け取り方が違って来ます。それは仕方がないんです。分け隔てなくきちんと対応して結果ですから。しかし満足したところで、次また行きたいな~と思う人と、そうでない人もいます。満足させるだけではなく、次も来てみたい!と思わせる事。それは接客かもしれないし、技術かもしれない。私は一番は話術かな~と思います。相手が心地いいと感じるトーンとリズムで合わせて、お客様話を引き出してやること。私はこれが一番かなと思ってますよ

アイディアを形にする

2013年5月10日

マッサージで独立することで、まず心配な集客ことまた経営に関する考え方が定まらないというお悩みをおもち方もいると思います。また独立前には出来る限り準備しておくことが大切です。経営をするにあたって個人でやるにせよ会社組織でやるにせよ最低限基礎知識は必要だと思います。経営者となることですべてが自由で自分イメージした、創意工夫次第です。集客をするにも、アイディアは非常に重要です。日々仕事中で良いサービスをするには、常に良いアイディアを模索することが必要ですよね。アイディアは偶然に思いつくこともあります。また仕事をしている中で患者様と接していることで感じることもあると思います。患者様困っていること…自分が「こうであれば良いなぁ」と感じたこと…患者様声や自分が感じたことで、アイディアを出しあい形にしていけたら良いですね。